admin のすべての投稿

認印を通販で購入しよう

認印に限らず、近年では店舗に直接足を運ばなくてもインターネットを利用して購入可能な通販サイトが人気を集めています。そのため、印鑑の購入に関しても通販サイトでの購入を検討している方も多くいるでしょうが、通販サイトを利用するにあたって大切なのが選び方です。通販サイトはたくさんありますので、好みの認印を手に入れるためにも選び方について考えるといいでしょう。

http://www.e-hankoya.com…推奨リンク

選ぶときに活用すると便利なものとしては口コミがあります。口コミはインターネットを利用すれば閲覧できることが多いため、一つのアドバイスとして口コミを参考にすると、思いがけない通販サイトを見つける子おtができる場合があります。特に、周囲で利用したことがない通販サイトでの購入を検討している場合は口コミなどを見ると安心できることもあります。

また、納期についても選ぶときには見ておきたいポイントです。例えば、早く作成をしてほしいと思っている場合でも、通販サイトによっては納期に時間がかかることもあります。早く作成してほしい場合には短期間で納期が可能な通販サイトを選ぶと、欲しいと思う時期に認印を手に入れることが可能な場合があります。

通販サイトの選び方は重要なので、このように購入前にはしっかり確認しておきましょう。

認印に使われる書体について

印鑑には様々な書体が使われています。知識をあまり持っていない人にとっては、認印を作る場合どの書体を選べばいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。一般的に使われることの多い書体は大きく分けると2つありますので、認印の購入を考えている人は参考にするといいでしょう。

まず一つ目が古印体です。通常の書体では聞き慣れない書体かもしれませんが、印鑑によってはよく利用されている書体となります。大きな特徴は、柔らかい雰囲気があり丸みを持った書体と言うことです。さらに、文字の太さが均一でないため複製されることが低いので、中には銀行印として使う人もいらっしゃいます。可読性があるため多くの人たちが使用しています。

続いて、隷書体と呼ばれている書体です。読みやすく、文字数に合わせて縦横にアレンジしやすいことから、性別問わず多くの人に使われています。さらに、文字の太さが均一なこともあり、ビジネスでも使われることが多くなっています。

このように、よく使われる2つの書体について説明しましたが、他にも吉相体や篆書体、太枠篆書などもあります。認印の作成について考えている人は、どの書体が良いのかしっかり考えて購入しましょう。

認印の印鑑を作ろう

印鑑には、実印、銀行印、認印などいくつか種類がありますが、その中でも使用頻度が多い認印の購入を考えている人もいるのではないでしょうか。認印とは、そもそも個人を証明するものではなく、「その書類に目を通しました」などというように、あくまでも事柄について認めたことを証明する印鑑となります。そのため、職場でしたら、様々な伝票や書類の捺印に使用する、家庭でしたら、回覧板や宅配便の受け取りに使用するなど普段使いの印鑑となります。そのため、認印は名前が分かりやすいように作るのが基本です。

では、一般的に使用されている認印はどのようになものが多いのか具体的に説明します。彫刻名は、姓を縦彫りにするのが一般的です。基本的に直径10.5mmを使うことが多いですが、中には、少し大きめの直径12mm、大きめの13.5mmを文字数によって使うこともあります。また、認印は銀行印や実印のように名前だけを彫るのではなく、オリジナルのデザインを加えてユニークな印鑑を作成する人もいます。遊び心を加えることで、捺印するたびに楽しい気分になるのではないでしょうか。

捺印するだけなので銀行印でも問題ないと考える方もいるかもしれませんが、使用頻度が多い場合、わざわざ銀行印を使うのも気が引けますし会社で使う場合、銀行印を会社に置きっぱなしにするのは少し心配な一面もあります。普段使いするための印鑑として、1本持っておくのもいいのではないでしょうか。

このサイトでは認印の購入について考えている人のためにも、書体の選び方や通販サイトの選び方について説明します。