認印に使われる書体について

Pocket

印鑑には様々な書体が使われています。知識をあまり持っていない人にとっては、認印を作る場合どの書体を選べばいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。一般的に使われることの多い書体は大きく分けると2つありますので、認印の購入を考えている人は参考にするといいでしょう。

まず一つ目が古印体です。通常の書体では聞き慣れない書体かもしれませんが、印鑑によってはよく利用されている書体となります。大きな特徴は、柔らかい雰囲気があり丸みを持った書体と言うことです。さらに、文字の太さが均一でないため複製されることが低いので、中には銀行印として使う人もいらっしゃいます。可読性があるため多くの人たちが使用しています。

続いて、隷書体と呼ばれている書体です。読みやすく、文字数に合わせて縦横にアレンジしやすいことから、性別問わず多くの人に使われています。さらに、文字の太さが均一なこともあり、ビジネスでも使われることが多くなっています。

このように、よく使われる2つの書体について説明しましたが、他にも吉相体や篆書体、太枠篆書などもあります。認印の作成について考えている人は、どの書体が良いのかしっかり考えて購入しましょう。